top of page
  • 花柳昌太朗舞踊研究所

「雪月花」の舞台を終えて。















3月18日、初代国立劇場さよなら公演「素踊りの世界」に『雪月花』の花の場面で出演させていただきました。

国立劇場の素踊りの会シリーズは、私の憧れの舞台で、いつかここに呼んでいただけるような舞踊家になろうと目標の一つにしていたものでした。念願叶いいただいた演目は、二代目花柳壽應先生が初代昌太朗の為に一人立ちの素踊りの形に昭和30年代にあらたに構成振付された『雪月花』でした。国立劇場の素踊りの会の第一弾「素踊りと座敷唄」に初代が出演していたこともあり(その時の『北州』の衣裳を寸法を直して5か月前に「銀玲会」で踊ったばかりでした)先人達に導かれ見守られて踊らせていただいていることを深く感じる舞台となりました。

今回この夢のステージに大先輩方の大きなオーラのある背中を見ながら挑めたことは、大いなる学びがあり私の財産になりました。今後も精進し、歌舞伎舞踊・創作・新作と共に、素踊りもしっかりと研鑽し続けたいと思います。

お支えくださいましたスタッフの皆様、ご来場くださいましたお客様、誠にありがとうございました。

最新記事

すべて表示

3月のお稽古日

7日(木)11日(月)17日(日)21日(木)25日(月)28日(木) お稽古場の見学・体験出来ます!

2月のお稽古日

2日(金)5日(月)8日(木)11日(日)17日(土)20日(火)29日(木) お稽古場の見学・体験出来ます!

稽古納め

昨日で年内のお稽古納めとなりました。振り返ってみますと、今年はコロナが5類に移行し、やっとほぼ通常通りのお仕事が復活。又、初代国立劇場閉場ということもあり、舞台の活動が多かった一年でした。2月には舞踊協会公演にて「乗合船」に出演と、私の花柳研究会への憧れを沢山詰め込んだ男性群舞「風林火山」の振付(これはNHKで二度の放送となりました)、3月にはいつかこの素踊りの会に呼ばれるようになりたいと目標の一

bottom of page